若ハゲ 育毛剤

若ハゲが育毛剤ケアを自分でやるのは無駄なのか?

若ハゲ

若ハゲの人が育毛剤を使うのは無駄なのか?もちろん、無駄ではありません!!ただし、効果の期待度っていうのは、進行状態によって大きく異なるでしょう。例えばこちらの写真の人のような状態までAGAが進行してしまっている場合、この場合はセルフケアでの回復は難しいと思われます。

 

↑この状態まで進行してしまっているのであれば、医師による治療もしくは増毛という手段を選ぶほうが良いでしょう。「⇒AGA病院ランキング」 育毛剤を自宅で使っても、それほどの効果は期待できません。また、回復したとしても、それまでに非常に時間がかかることでしょう。気づいたらおじさんになってたって事になるかもしれませんね。

 

現状、抜け毛が気になる程度、もしくは少しだけ薄くなってきた程度の人であれば、まずは自宅でのケアでも良いかと思います。これからのケアと生活習慣次第では、十分改善の余地はあるでしょう。若ハゲと言っても、その状態は本当に様々です。

 

生まれつき髪が細く薄い人もいますが、それを若ハゲと呼ぶ人もいます。薄毛が進行しているかどうかは検査してみないと分かりませんが、もともと髪が薄いとか、もともとおでこが広いといった事は若ハゲとは言えませんし、育毛剤を使ったところでより髪が太くなったりおでこが狭くなることはないでしょう。まぁ私のように生まれつきおでこが広い上に、大学生の頃にはしっかりと後退も始まっていたパターンであれば、立派な若ハゲと言えますけどね。

 

抜け毛とか見た目に明らかな症状があると言う場合を除いては、育毛剤などを使用する必要はありません。逆に、若ハゲの前兆だと感じる人は育毛剤の使用を開始してみると良いでしょう。私がおススメしている自宅ケア用の育毛剤は無添加や弱酸性のものを中心としています。前兆段階の人、初期段階の人には最適な育毛剤ですので、チェックしてみてください。⇒おすすめ育毛剤ランキング

 

若ハゲが進行している人
aga病院

詳細はこちらへ

若ハゲが初期段階の人
自宅ケア

詳細はこちらへ

最近人気の若ハゲ対策
増毛サロン

詳細はこちらへ